2008年10月2日木曜日

わが妖しきゼフィルス エルザ


それはわずか2,3分の刹那の衝撃だった。
1975年のある日の午後、私はいつものように大学の授業をサボってクラスメイトの樋本君を誘い、いきつけの喫茶店『ドルフィン』でだらだらと時間を潰していた。
『ドルフィン』は現在は既に無いが、当時北青山の旧紀ノ国屋の角を曲がった先にあったこじんまりしたしゃれた喫茶店だった。地下が音楽スタジオになっていてそこが経営していたと思う。
くだらないおしゃべりをしていた我々だったが、ふと喋っていた樋本が口をあけたまま会話をやめた。彼の視線を追って振り返ると背にしていた店の入り口から、ひとりの女性が入ってきたのが見えた。
気が付けば店中の時間が止まっていた。
誰一人動くことの無い空間を、彼女は静かに入ってきて店の従業員に地下のスタジオへ珈琲の出前をオーダーすると踵を返し凍りついて身動き一つ出来ない我々の前を通って、えもいえぬいい匂いの移り香を残し再び扉を開けて外へ出て行った。
そのとたん、縛りが解けてため息とともに時間が再び動き出したように感じた。
「エルザだったね」樋本がぽつりと言ったが、
「うん、スゲーな」と陳腐な答えしか出てこなかった。

この世のものとは思えない美しさとはこのときの彼女のことを指すのだとあの瞬間から30年以上たった今でも思っている。グレーの身体にフィットしたバルキーセーターにジーンズというラフなファッションだったが、それがとってもセミワイルドな雰囲気をかもし出し、小柄だが均整の取れた立ち姿に、栗色のふんわりした髪、猫のような不思議な光を放つ瞳、いまでもあの光景は脳裏から離れない。

このエルザと呼ばれる女性は、当時売れっ子のモデルでCMや男性誌のグラビアを飾っていた。
本名はエリザベス・ゲドリック。ポーランド系アメリカ人を父に持ついわゆるハーフタレントである。
もともとスラブ系のポーランドの血をひいていることもあって、ヤンキー的な明るさとは対極のちょっとエキゾチックな物静かなイメージがあったのだが、その反面単なるモデルに飽き足らず、歌手としても活動しており、あの日もレコーディングの最中だったのだろうか地下のスタジオを利用している合間だったのかもしれない。

最近になって彼女がレコーディングしたアルバム『Half&Half』『ポップコーンと魔法使い』が復刻プレスされ、初期のシングル曲「山猫の唄」「エルザのテーマ」も昭和POPSのコンピレーション盤の『歌謡曲番外地 悪なあなた』のなかに収録されており早速手に入れたのである。
いまあらためて聞くと、決してお世辞にも上手いとはいえないヴォーカルだが、ちょっと沈んだトーンの声質はなんだかとても耳障りがよく、あの頃の美しい姿と重ね合わせて想像すると不思議な魅力がある。
当時は知らなかったが、デビュー曲の「山猫の唄」は今をときめくCharがバックバンドのギタリストとして参加していて、スタジオミュージシャンとしての初めてのレコード収録でもあった。Charは当時からやはり図抜けた技量を発揮していて曲間にはクラプトン張りのソロパーツもあリ、こちらの方でも日本のロック史的に価値ある作品といえるのではないだろうか。『ポップコーンと魔法使い』の方でも、四人囃子の茂木由多加、佐久間正英が参加しており、単なるアイドルPOPSとは一線を画した当時としては玄人っぽいスタイルを貫いている。
しかしながら、彼女の活躍していた時期はそう長いことではなく、80年代に入ってしばらくたつといつのまにか忽然とメディアから姿を消してしまった。

手塚治虫の漫画で『地球を呑む』という作品がある。南洋の密林の中の宮殿に人知れず暮らし、その姿を見た男性は(たとえ写真であっても)すべて虜にしてしまうという美貌を持つゼフィルスという女性を描いたものだが、戦争中狂死した捕虜からその写真を見せられたがゆえに戦後何年たっても彼女を思い続けてきた中年の親父たちが登場するエピソードがあり、まるで80年代に姿を消した後もそのとき同席していた樋本と会うたびにどちらからともなくエルザの話を切り出さざるを得ないわれわれの姿そのものである。
一瞬見てしまっただけで30年以上も心を捕らえ続けているエルザこそは確かに私にとってのゼフィルスに違いない。

その後のエルザの消息は遥として分からない。年齢的には既に50を超えている計算だが、おそらくは結婚もし子供も既に成人しているかもしれないのだが、どう考えてみてもそういう幸せな家庭を築いているといった小市民的なイメージが浮かんでこないのだ。
「山猫の唄」の歌詞に“私が歩けばジャングル中は あっちもこっちもため息ばかり そうよそうなの 私は毎年続けてミス・アマゾン”というフレーズがある。
これを聴いているとなんだか本当に南洋の密林の中に、いまもあのとき見た美しい姿のままで妖しい魅力を放っているかもしれない気になってくる。

そう、まるでゼフィルスのように、である。

エルザ
1957年6月25日生まれ。福岡県出身。本名エリザベス・ゲドリック。ポーランド系アメリカ人の父親と日本人の母親とのハーフ。
70年代はじめからモデルとして多くのCMに出演し男性誌のグラビアを飾る。
73年エレックレコード傘下の愛レーベルから「山猫の唄」で歌手デビュー。その後トリオレコードに移籍し「父よ」を発表。アルバムは『Half&Half』(TOYBOX),『ポップコーンと魔法使い』(ビクターエンタテインメント)
主なCM
トヨタ自動車、資生堂など。
主な出演作
81年花王名人劇場『裸の大将放浪記第7話』(関西テレビ)

24 件のコメント:

ask さんのコメント...

「エルザ ハーフ モデル」でググってもほとんど出てきませんね。きょうの検索順位でちゃんと彼女がヒットしたのはこちらが1位で
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/blog-entry-2703.html
大西赤人氏が3番目
http://www.asahi-net.or.jp/~hh5y-szk/onishi/column44.htm

秋山さんは日本で2番目にエルザに詳しいブログ主でした(暫定)。

2ちゃんでも一瞬名前が出てくるだけのようで
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kyon2/1166797283/58-158

秋山光次 さんのコメント...

エルザ、意外と覚えていない人多いんです。
『GORO』とかでよくピンナップが出ていましたよね、それなりに人気があったのにアグネス・ラムほどのメジャー感は無かったということでしょうか。

Angel-Eye さんのコメント...

現在エルザさんは生まれ故郷の福岡市内で静かにお暮らしです。ご結婚はされていないようです? 「週刊現代」2008年10月4日号に当時のカラーグラビアが再掲載されていました。

秋山光次 さんのコメント...

angel-eyeさん
貴重な情報ありがとうございました。
「週刊現代」手に入れます!

そうか、静かに暮らしていたのか…、ちょっと遠い目になってしまいました。

匿名 さんのコメント...

初めまして。
私も、私が中学生時代の1970年代前半に活躍した、ハーフのモデル(たしかブルボンというお菓子のコマーシャルに出ていた)の名前が何年間も思い出せずに、気になっていました!!!

彼女の名前は、エルザだったんですね!!!
私の記憶では松尾ジーナに似ていて、瞳がちょっと猫を感じさせる目をしていました。

何年もの長い間の疑問が、やっと解けました。
ありがとうございます。

秋山光次 さんのコメント...

匿名さま

皆さん、それぞれに心に残る忘れられない人がいるんですねえ。

サイトにお立ち寄りいただき駄文を読んでいただいた上、ご投稿いただきあがとうございました。

イノウエカヨ さんのコメント...

エルザよく覚えています。同姓から見ても本当に素敵でした。確かラジオの番組もレギュラーでしてました。石坂浩二さんと一緒にTVに出ていたのを覚えてます。石坂さんのお気に入りだったことも。今は福岡に住んでます。私も福岡ですが,ずいぶん前に新天町でお買い物をされていたのをみかけました。私と同じ世代ですがあのころの面影があり,普通のおばさんとは違いますね。

秋山光次 さんのコメント...

イノウエカヨさま

コメントありがとうございます。
本当にきれいな人でした。
そう、今は福岡なんですよね。
会ってみたい気もするけど、妄想で憧れているのが花ですかね。

すみれ さんのコメント...

私もよく似た状況を経験しました。
バイトしていた喫茶店にいらして。
妖精のようだ、と思いました。透き通っているようで、歩いて行くと周りの空気がキラキラと輝くような。
30数年前のことです。
今まで見た女性の中で一番美しい人です。

秋山光次 さんのコメント...

すみれさん、コメントありがとうございます。

僕も同じです。本当に一瞬でしたがいまも忘れられません。
>今まで見た女性の中で一番美しい人です。

秋山光次 さんのコメント...

すみれさん、コメントありがとうございます。

僕も同じです。本当に一瞬でしたがいまも忘れられません。
>今まで見た女性の中で一番美しい人です。

メンパチくん さんのコメント...

エルザ、私も大好きでした。よくライブハウスに彼女の唄をぴあで探して聴きに行ったものです。その後芸能界を辞め、ママがやっていたという博多の飲み屋さん「メリコー」を継いで働いており、九州を旅行した際、探して会いに行きました。当時彼女は30歳位でしたから、勿論変わらず美しく、彼女と差しで話せるなんて夢のような一時でした。その後お店を締め、食器デザイナーに転身したと聞きました。この欄でも新天町でお見掛けした方がいらっしゃって嬉しく思いました。昨日まで博多どんたくを観に九州に行っていたので、余計懐かしく思えました。

秋山光次 さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
秋山光次 さんのコメント...

メンパチくんさん、投稿ありがとうございます。
素敵な思い出がおありなんですね。うらやましいです。
博多に行ったら会えるかもしれないと思って、妙にドキドキしたりしそうですねw

かん さんのコメント...

ふと思い立ってエルザのことを検索してこちらにたどり着きました。そしてコメント欄で消息も知ることができてうれしい次第。
自分は70年代中ぐらいにあっちこっちのステージに立つエルザを生で見て、ぽーっとなってました。出待ちして握手してもらったのもいい思い出です。

秋山光次 さんのコメント...

かんさん、お立ち寄りいただきありがとうございました。
握手いいですね。
忘れ難い美しい人でしたね。

秋山光次 さんのコメント...

かんさん、お立ち寄りいただきありがとうございました。
握手いいですね。
忘れ難い美しい人でしたね。

fumie さんのコメント...

今日たまたまBSを点けたら、裸の大将を放送していて半分しか見れなかったんですが、なんとフランスロケの回で、山下清が例の恰好でパリ祭を見学したり、ゴッホの生家を訪れていたりしてました。
そんな清と行動を共にしていたのがエルザ扮する心臓に病気を抱えた女流画家。最後は亡くなるんだけど…

なんてきれいな女優さんこの人だれ?エルザ?早速検索して私もこちらにたどり着きました。エルザと同年代です。
訪問前に”山猫の唄”もニコニコで聞いたんですが、記憶にないんです。

エルザは演技は?ですが、声や話し方は仲間由紀恵さんとそっくりですね。驚きました。
仲間さんが真似なさっていると言っても過言でないかも…それくらい似てました。





秋山光次 さんのコメント...

fumieさん

投稿ありがとうございました。そうですか、BSでやっていたんですね。気がつきませんでした、あ~あ残念です!

エルザ=仲間由紀恵の共通項も、言われてみれば…w

レビン さんのコメント...

今日ふとエルザって頭に浮かび、元気にしてるのかなって検索、ここに来ました。
私は1959年生まれ、中学生の時、学校帰りに立ち寄った本屋で"平凡パンチ"っていう
男性雑誌をめくった瞬間エルザのトップレスセミヌードのグラビアが目に飛び込みました。
当時中学生だった私は勇気が無く男性雑誌を買うことが出来ませんでした。
その後虜になり、表紙に載っているだけでも本を買い、女性ファッション雑誌のノンノンや
アンアンも買いあさりました(笑い)
ある日大阪の郵便貯金会館へエルザが来ると知り、色紙を手に外で待っていたらバッチリ出て
きたのですが、あまりの美しさに心臓ドキドキで一歩も動けず声も出せずで、目の前を通り過ぎ
タクシーに乗り去って行きました。
今まで(芸能人、雑誌、モデル他)見てきた女性の中で一番美しい女性です。
博多にいらっしゃることは知っていたので、何度も会いたいと思いましたが、会わない方がいい
のかも知れませんね。
ヘイゼルナッツの瞳はいまでもしっかり脳裏に残っています。

秋山光次 さんのコメント...

レスありがとうございます。

エルザで検索して訪ねてくれた人が多くて

同じように昔魅了された人がいてくれたことになんだか感激してしまいます。

レビン さんのコメント...

今晩は、秋山さん。
本ブログが2008年10月、9年目の投稿に返事があった事に感激しました。
1975年、私は高校3年、エルザに会う為に東京へ行こうと考えてました。

今でもエルザの写真や雑誌は残ってます。

匿名 さんのコメント...

私は65才になりますが、今でもエルザの写真を大きくしてパネルにして壁に飾っています‼️
今までの芸能人やモデルの中では一番美しい女性だと思っています。私の妻も同意見でエルザ以上の女性はまだ見たことがないと申しております。エルザは永遠の美女であることは間違いありません。

秋山光次 さんのコメント...

匿名さん

レスありがとうございます。

パネル!いいですねえ~。

私も同世代ですが、気持ちわかります。